最近は主に『プ』が入ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第9話『スカウトされたお父さん! お花屋さんをやめちゃいます!?』
え「つぼみのお父さんって大学の教授だったんだ」
つ「今でも時々大学に呼ばれて講義してますよ」
え「そうなの!? そんな偉い人だったとは……」


100404どや顔

渾身のどや顔、ザ・主人公つぼみさんです

しかもついさっきは大学の元教え子、小畑さんから
研究者として会社に来てくれませんか、とまでお誘いを貰ってたり


ちなみにお母さんはお母さんで
レッドフローリアという会社でOLをしていたのだそうで
ええと、どれくらい凄いのかといえば

え「芸能人やセレブが行く、超有名でオシャレな花屋さんじゃない!?」

ほ、ほほう……
え、ええと……
つまりどういうことだ
そんな凄い両親を持っている上に
大きな温室を管理できるおばあちゃんもいるということは


100404どや顔

植物界のサラブレッド、つぼみさんですね


しかしそんな凄い人が、
今はどうして小さな花屋をやっているのかと思ったら


100404だんらん

父「今はお父さん達の中で研究より花屋が熱いんだっ」
母「家族みんなで食事できるのが嬉しくてしょうがないわ♪」

すると、それを聞いてホッとしたような表情をするつぼみ
どこかおちゃらけた感じで話すお父さんとお母さん
ということは、他に理由がありそうですね



翌日、下校途中のつぼみとえりか

100404なぞなぞ

え「トンカツの好きな犬と、天ぷらの好きな猫が将棋で対決しました。勝ったのはどっち?」
と、そんな会話をしていた2人の前に現れたのは
先日の会社員、小畑さんでした
答えは! 勝ったのはどっちなの!?

やはり、どうやらお父さんは誘いを断ったみたいですね
ま、今は花屋が熱いそうなので諦めてください


その頃のコブラージャさん
コ「砂の重さと温度で程よく汗をかくため、美肌効果がある」

100404美肌

砂風呂に入ってました
戦闘員、スナッキーに砂をかけてもらいながら
これでますます美しくなるのだそうです
なのでいくらプリキュアを倒せと命令されようが、今は嫌、なんです

ス「ケケッケケッケケケ」
コ「『お美しいコブラージャ様ならプリキュアなど敵ではない?』確かに僕は美しいがっ」
解説ありがとうございます
と、いきなりおだて始めるスナッキー
確かに、ちょっと心が動きましたか?

ス「ケケケケッケッケケッケケケー」
コ「『プリキュアも美しいコブラージャ様のお姿を見たくて待ちかねている』……はあ、仕方ない」
あ、あれ?
そんなセリフ書いた覚えねえぞ!?


100404登場

コ「僕の美しさをとくと拝ませてやろう!」
ス・ス『ケケッケケケケーっ!』
どうでもいいかザバンと登場、コブラージャさん!
スナッキーたちもこれでもかと持てはやすのでした

ス・ス『ケーケケー
おい、バカにされてるぞ!?



閑話休題(え
場所はおばあちゃんの温室へと移りまして
植物好き同士、トークしまくりのつぼみと小畑さん
そして置いてけぼりのえりかです

しかしお父さんのことに関しては、話は別
渋りまくりのつぼみなのでした
でも嫌々ばかり言っててもらちが開きません

え「頼みが聞けないのには何か理由があるんでしょ?」

100404見上げる角度

え「ちゃんと言ってくれないと分かんないよ。小畑さんも私も」
この角度は卑怯だと思うんだあたしゃ


するとそこに現れたのは、おばあちゃん
どうやらその理由を話してくれるのだそうで

薫子「日本どころか世界中を飛び回ってた……」

教授で、有名店で働いていて、当時は出張ばかりの両親でした
でも小さいながらも頑張る姿を分かっていたのでしょうね


100404幼・少女つぼみ

薫子「つぼみはいつも笑って2人を見送っていたわ」

いつもいつも、今か今かと両親の帰りをわくわく待っていたつぼみ(幼)
しかし、大きくなるに従って幼女分が薄れ手の振りは小さくなり

するとふとした瞬間に見つけたのは
縁側でエサを食べさせるツバメの親子の姿
そして、だんらんとはあまりにも程遠い、自分の境遇を重ねてしまい……


100404ないたつぼみ

薫子「あの2人もつぼみを、家族一緒に過ごすことを選んだの」

いわゆるエリートの道を歩んでいた2人でしたが
1人娘の苦しみ泣く姿を見て決心をしたようです


100404かれんさま(幼)

ここで思い出されるのはかれんさまでしょうか
同じく、演奏旅行でほとんど家にいない両親を持つ境遇でした
でもあの時は結局一度も本編に現れず、かれんさまもプリキュアを始めとした仲間と一緒にいることで克服しちゃいましたしね
ほのかさんもそうでしたが寂しさをあまり表に出していませんでしたし
まあ反省点といえば反省点でした

ってかその問題をたった1話でプリキュアらしく終わらせた!?
ハトプリ、恐ろしい子……!

で、今回改めて描いたということでしょうか
でもつぼみが大きくなったら、どうするんでしょう
というか今期の物語中に成長していくと思うので
また別の解決編が出てきそうな気はしますね



その後、失敗した小畑さんをコブラージャさんが発見し
いつものようにデザトリアン化
これまたいつものようにプリキュアが駆けつけまして

コ「さあプリキュア、お望み通り来てやったぞ」

100404ふつくしいっ!

コ「思う存分目の保養をするがいい!」
え「誰もあんたなんか待ってないわ!」

あ、ヤバ……
後で怒られるな、スナッキー……



ここで思い出されるのは

ビ「お前は『超が付くほど方向音痴』で『国宝級のドジ』じゃないのかい?」
の「なんのことよーっ!私、ドジでも方向音痴でもないもん!!」

100404ごまかせかれんさま

か「あ……そうよね」
こ「失礼よね……」

やっぱりかれんさまでしょうか



100404金朋地獄

今回は携帯電話デザトリアン!
小畑さんの心の声に耳を傾けてみると……

デ『僕ダって、研究しタい』
デ『会社をクビになるカモシレない……そんなのイヤだ!』
デ『研究しタい、でも怖くて言エない』

上から色々言われる、でも口答えできない社会人の苦悩でした
ブンビーさん以来の胃痛タイム!?



いつものように撃破しまして
すると花屋さんに現れたのは

「ひまわりください!」

100404幼女

幼女じゃ! 幼女じゃ!

でも、ひまわりですか
流石に春になったばかりなので
ひまわりを置いてるはずがありません
あーあ、せっかく幼女が来てくれたというのに

つ「綺麗な花を咲かせるために、今はゆっくり大きくなってるんですよ」

100404幼女と元幼女

つ「夏になったらまた来てください」
夏が楽しみですね!(他意無し)




つ「ダークプリキュア、あなたがどんなに強くても結んだ心は離れません!」
え「心を無くしたダークプリキュアになんて」
つ・え『私たちは負けない!』

お、おおお?

100404中ボス出陣

10話にして早くも急展開っすか!
という訳で、ダークプリキュアさんが早くも出陣
中ボスクラスですよね、この人は
これ夏の山場はどうなるんだ一体


次回、第10話
「最大のピンチ! ダークプリキュアが現れました!」
こんな感じです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。