最近は主に『プ』が入ります。
本当に悔しい模様、第4話
始まるよー、第4話始まるよー
『お断りしますわ!私、プリキュアになりません!!』
お前ら大好きありすさん回、始まるよー


男「生意気なんだよ!」
あ「そんなぁ~」


130224かえしてー

小学生の頃いじめられていたありすさん

お金持ちのお嬢様というだけで
72色入の色鉛筆を持って行っただけで
男子に取り上げられ、泣かされていました
そしてマナと六花に助けられていました

いじめっ子に抵抗するなんて出来なかった
金の力を知らなかった子供時代


それが今は立派な
ラン「どうもでランス~」

130224おっすおっす

立派な……

マ「プリキュア、ラブリンク!」

130224ばっちし☆

あ「クローバータワーの防犯カメラの映像です」

……

タワーのオーナーであるありすさんが気付いて
クシャポイしてくれたのだとか何とか
つまりこの事実を知っているのは
ありすさんと執事さんだけ

あ「マナちゃん達をプロデュースさせて下さいな♪」

ええと、立派な

130217話してみいや

ゆすり屋に?


するとそこへジコチュー大暴れの情報が
執事さんのノートPCに、映像から何もかもが送られる模様
えええ、怖い、お金持ち怖い
かれんさまのお金持ち設定は何だったのか

それじゃあ早速ありすプロデューサーの実力とやらを見せて

130224ありすP

プロデューサー見てるだけ

戦いはマナと六花に任せちゃいます
だってプロデューサーですからね


って、おいおいおい、そりゃないよ
だってそんな、戦わなかったら変身しなかったら

130224やれや!

ラン「ワシのおもちゃどう売ればええねや!!」

130224お断りします

あ「……買い占めますわ」

ランスがあんなに言ってるのに
怪しい店主にキュアラビーズも貰って
もう資格はバリバリありますのに
頑なに変身しようとしないありすさん


どうやらありすさんには戦えない、
戦いたくない理由があるようで

六花さんは確か、
マナみたいに運動神経良くないし、衣装も似合わない
なんて事を言ってましたかね

ふむ、ありすさんはお金持ちのお嬢様なんで
体が弱いとかそういう事になるのでしょうか
でもプリキュアになれば強くなれるというのに
どうして、どうして……!

マ「その理由、1つだけ心当たりがあるかな」

130224思い当たる

ガッカリ珍獣の下にマナ六花さん

そしてマナと六花の口から語られるは

130224むかーしむかし

あの後の出来事……

72色の色鉛筆を取り返してくれたマナ
そこでハッピーエンドかと思いきや

130224おらぁ!

恐らく中学生と思われる兄の登場

なんと超上級生の力を使って脅しに来ました
ハトプリ以来でしょうかか、時代錯誤中学生

で、マナに対し、目立ちたがりやお節介
みんなにウザがられてると、ある事無い事言い出し

130224そんなこと

ショックで泣き出すマナ

自分のやってる事が揺らぐのは、辛いよね

六花さんがマナを慰めていると
その前に立ち塞がったのは、ありすさんでした
あ「マナちゃんに対する暴言、今すぐ……」

130224怒

あ「取り消して下さい!!」

え、あれ、そんな顔、見た事……

次の瞬間、マナが目の当たりにしたものは
マナが、マナ当たりに

130224つよい

ボコボコにされた男子と、立ち尽くすありすさん

お、おおお、強すぎる……
まさかこんな展開になるとは……

実はありすさん、
お爺さまの教えで色々な習い事をしていて
ピアノや習字だけではなく
空手、柔道、剣道、合気道と
様々な武道も習っていたのだそうで

体格差も、人数までも跳ね返す強さ
そして、その背中はもしや……

130224鬼

鬼が、哭いている……!!


そんな訳なので
怒りに我を忘れてしまう事を恐れ
変身を拒んでいましたが

しかし、思い出したのは
「ありすよ、恐れるな。己を磨き、心を高めよ」

130224じじい

お爺さまの言葉

力とは、愛する者を守る為のもの
それを忘れなければ二度と力に飲まれる事は無い
うんうん、良い事言うね


あとはまあ、

130224プリキュアの資格

キュアラビーズが輝きまして

130224ふっきれた

全力で戦う事が出来る場所を与えられ

あ「ひだまりぽかぽか、キュアロゼッタ」

130224変身

ありすさん遂に変身!

130224クローバー

あ「あなたも私と愛を育んでくださいな♪」

只でさえ恐れられる力を持つ者が
更にプリキュアに変身するだなんて
そこから繰り出される必殺技は一体どんな……!

130224バリア

シールド技でした

あ、あれー?
まあ、守る為って言ってたもんね
皆を守る技になるのは仕方ないよね


倒して、さて3人目、
じゃなくて4人目のプリキュアを発見し
これで終わりかと思いきや
なんとありすさんが意外な発言

あ「クローバータワーの防犯カメラにもう1人
  プリキュアらしき人が映っていたのですが……」

と、指差す先にいたのは

130224あれは

何度も見たその看板

まさかそんな、まさか……!

130224お茶

エースティー(お茶)が変身!?




130224まこぴー

じゃないです、まこぴーです

ああ、どうしてこの展開に気付けなかったのか
前回予告で監視カメラの存在が出ていて
そこにタワーのオーナーという情報を照らし合わせれば
もう分かって当たり前でしたのに……

え、あ、はい
まこぴー回です


次回、第5話
『うそ!キュアソードってあの子なの??』
お楽しみに!




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、拍手クシャポイ
>>続きを読む
スポンサーサイト
されたいけど
…いた…


……たん


ういた…!


うい! たん!


憂!!!誕!!!

……

あ、お久しぶりです
ひがわり魚(けいおん係)です

本日は2月22日
なんと憂さんの誕生日であります
そう、憂さんの生誕記念日なのでございます
つまり憂誕記念日なんです
全く意味が変わってませんね

という訳で、
物置からごっそり引っ張り出しまして

130222フィギュア憂さん

床にのっそり置いていってました

そして写真撮ってました
とても楽しそうですね

で、とりあえずふぃぎゃー
中学生憂さんに、高校生憂さん
そして白ビキニ憂さん

あとどうやらいつの間にか
同じく白ビキニ憂さんが出てたようで
その内買いたいもんです


130222コミックミラー憂さん

コミックスとミラーと

コミックスは無理矢理? 知らんがな
あんまりグッズを持って無いんだから仕方無いがな

なんか、中野ォさんが見切れてますけど
あまりお気になさらず
もしくは気のせいです


130222ミニ憂さん

ちっちゃ憂

ちっちゃかわ憂のと、ちっちゃかわ憂のと
どっか旅行中に取ったかっこ憂ジッポ
久しぶりにカッショカッショいじってみたのですが
結局火は点かずじまいでした

姉が危険な目に合ってしまう可能性を考え
憂さんがガスを抜いたんだと思います
優しいですね

ちなみにジッポ上部と左側にそれぞれいる
中野ォさんとダブルモップは頑張って隠しました
一応、皆大好キデスヨ?


130222カップ憂さん

マグカップ×2

未だに使ってないので
何も言うことはありません

マシュマロ豆乳鍋用の鍋と一緒に
その内使いたいですね


そして最後に、

130222でか憂さん

ジャンボバスタオ……


130222憂っ……

ういっ……(刺激が強すぎたようです)




……とまあ、
写真を撮るために並べてたら

130222色々憂さん

中々ゴチャゴチャしまして

更に画面外にはフィギュアやカップの箱が
これでもかと散らばっております

そんな訳で、
もう完全にお片付け出来ない人になってしまったので
まあ出来るか出来ないかで言えば
片付け出来ない人なのですが

100905めっ☆

「めっ」される前に片付けてきます

こんな感じです
予告が持っていきました、第3話
はい、第3話です
『最高の相棒登場!キュアダイヤモンド!!』
ようやっと2人目……
いや3人目のプリキュアさんが登場するようで
マナで2話使っちゃったからね、仕方ないね

あ、もしかして第1話はまこp……
キュアソードのお話だったのかもしれない
それじゃあそこんところ詳しく教えて

シャ「マナを助けてくれたプリキュアの正体も分かってないシャル」

お前ら知り合いじゃないのかよ!?
ソードと一緒にいた珍獣は何なの……?
みんな同じトランプ王国から来たんじゃないの……?
スイートさんの妖精みたいな仲間意識とは違うの……?

130217何もしらねえだ

ラケ「生まれてすぐこっちに来たからよく知らないケル」

と、ここで青珍獣のラケルがネタばらし
じゃあ知らないのは仕方ないよね

ラケ「六花は頭もいいし優しいし、
   ボクのパートナーになってくれたら嬉しいなあ……なんて」


130217もじもじもじーん

この役立たずが!

せっかく六花さんが色々調べてくれてたのに
横で遊んでばかりいて聞かれても何も知らない
その上で求愛とか、人間舐めるんじゃねえ!

ちなみに
冒頭でずっとぐっすり寝ていた

130217グッドスリープ

ランスは置いてかれました


130217ぐれる中年

中二病の中は、中年の中

敵さんにも新キャラが登場
いい年したオッサンがぐれているよう
あと飴を持っているので多分禁煙してる
名前や設定は各自ググってお調べください


六父『パパは今、マチュピチュという所にいます』

130217わほーい

六花さんの家にお届けものが

よくマナの家の洋食屋さんでご飯をご馳走になっている六花さん
ママは医者の為忙しく、じゃあパパは何をしているのかと思いきや
どうやらプロの写真家で世界中を旅しているのだそう
で、今はマチュピチュにいると
向こうから手紙と一緒に色々送ってくれました
帰国話は当分ありませんかね

……

130217あずなん

中野「マツピチュ?」

130217なんやこれ

六「マチュピチュ……」

130217あずなん

中野「マチュピツ……」


あとはまあ
ジョ「また会えたねベイビー」

130217胡散臭いイケメン

イケメンと再会したり

なんやこの、胡散臭いナッツは……
本ばかり読んでなかったらこうなってたのか……
良かったな本好きで……

ん?
見た事無い?
この人誰だって?
マナにキュアラビーズをくれたイケメンです
あと六花さんにもくれました
ジョー岡田さんだそうです
あとは各自ググって下さい

130217正妻

セイセイセイ!

怪しいイケメンに正妻宣言
唾付けられたら敵わんからね


そして今回もジコチューが現れまして

130217ずっと

幼馴染パワーで

六「英知の光、キュアダイヤモンド!」

130217キラキラ変身

六花さん遂に変身!!

六「煌めきなさい!」

130217必殺

六「トゥインクルダイヤモンド!」

ええと……
いつも通りのスゴい手抜きにも見えますが
変身即必殺技で倒すのでした


で、倒したと思ったら
『大変だ、ランスがいなーい!?』

130217ほげえええ

ようやく気付く皆さん

どうしよう、どこへ行った、というかいつからいない
確か昨日の放課後には一緒にいた気がする
なんてわたわたしていましたら
するとそこに登場したのは

あ「お困りのようですわね、マナちゃん、六花ちゃん」

130217優しいありすさん

あらあらありすさん

もしかしてランスを拾ってくれたんですか?

……いや、珍獣と2人が繋がる訳が無いし
そもそも置いていったのは校内で
ありすさんは確か違う中学校に通っているはず

ん? どうしてわざわざここに?




あ「防犯カメラにプリキュアの姿が映っていましたわよ」

130217ドキドキ

……え?

130217話してみいや

あ「このままでは、プリキュアの秘密はバレてしまいますわ」

おおお、脅してる、脅してるよ
これはお金と、人の使い方が分かっていて
お金持ちになるべくしてなってる

そりゃあ前回言いましたよ
ガッチガチでギッチギチとか言いましたよ
もちろんジョークだったんですよ

ありすさん怖いよ


次回、第3話
『お断りしますわ!私、プリキュアになりません!!』

ん?
あれ?
いやいやいや、

130217コスプレ疑惑

プリキュアになってるじゃんって突っ込みは……

130217話してみいや

あ「……ね?」

お楽しみに!




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、ハクチュレツ。ハクスレチュ
>>続きを読む
幼馴染祭、第2話感想
さてさて話題沸騰ドキドキ!プリキュアさん第2話です
『ガーン!キュアハートの正体がバレちゃった!!』
という訳で、いきなり正体バレ予告……

まあ、しちゃう前に今回はまず前回の続きから
終わる寸前、ラストになってようやく
キュアハートに変身しましたマナ
しかし変身したてホヤホヤな上に
いきなり幹部2人と対峙する事となり
これはもうプリキュア存続の大ピンチ

更にクローバータワーが壊滅状態で
もしやオーナーのありすさんがブチギれて
四方八方から追い込んでくるんじゃないかと
ビクビクしておりましたら

130210つよい

幹 部 圧 倒

え、あ、はい……
別に強い訳じゃないのか……
幹部って、どうして幹部なんでしょうね……

マ「どんな汚いやり方もアリなのよ!」
世界はキングジコチュー様を中心に回っているから
卑怯な手を使ってものし上がる事こそが正しい、のだそう
あちらさんは結果至上主義ですか
これは体罰もイジメもありますわ


と、色々ありましたが

130210スイートハート

必殺技「マイスイートハート」で撃破するのでした

130210キラキラ

そして不思議パワーで自己修復

ヘリポートとかエレベータホールとか
ちょっと被害額が大きすぎるからね
ありすさん怖いからね


全部終わった後にエレベータで降りましたら
すると登場、クラスメイト達

タワーや怪物に関しては
まあプリキュアシリーズなので
特に心配する展開は無いのでしょうが
やはりみんないつの間にか消えた生徒会長を心配して

六「怪我は無い? あのカニの怪物は?」
他「しっかしこのエレベータホール、
  もっとメチャメチャになってませんでしたかい?」


130210みんなー

全部覚えてるの!?

今季では、フレッシュルールを適用するのですね
いや、壊れた物は元に戻ってはいますが
という事はやっぱりあの時と同じように
一般人もプリキュアの存在を認識するのでしょうか

ううん、するってえと、
生徒会長なんていう学校の有名人ならまだしも
プリキュアとスーパーアイドルまこぴー
2人の関係が繋がってしまう未来……
一体どんな騒ぎになってしまうのか……


あとはまあ
マ「あたし、プリキュアに変身したの」

130210正体を明かす

いきなりプリキュアをバラすマナ

10年来の親友やからね
秘密には出来ないからね
仕方ないね
でも六花さん信じてくれなかった
仕方ないね


じゃあ信じて貰えるまで話そうとマナ
しかしその行動に待ったをかけるは

130210やめーや

プリキュア妖精s

そんな簡単に喋って
一般人の友達を巻き込んでも
危険に晒してもええのんか
と脅しにかかってきました
でも、一理ある


翌朝、いきなり喋らなくなって
口数が少なくなったマナ
そしてそれに気付いた六花さんは

六「言えるようになったら教えてね、あたし待ってるから」

130210覚悟はできてる

幼馴染最高や!!

来たぞ!
幼馴染の時代!
マナが良心を傷めてるけど知らない!
幼馴染に光が当たったんだ!
次回で一旦終わりそうだけど!

いや、しかし、でも

130210いくでー

秘密にするのは無理でした!

ジコチューが現れて
手伝いたいと言う六花
その目の前で変身
全部入りでした


最後は、全部終わった後で

130210親友

六「本当の事を伝えてくれて、嬉しかったよ」

うんうん

六「ありがとう」

うんこちらこそ

130210キャッキャウフフ

ごちそうさまです




来週も引き続き

130210理系

六花さん祭やで!

やった!
やったぞ!
やったな!

130210ドヤァ

やるじゃない

130210ヘシン

なんかバレてる

そうか、やっぱり六花さんが変身するのか
分かってたけど


最後に、ふと思ったのですが
今季はプリキュアと相棒の性格が似てるなあと

何に対しても真正面からぶつかるマナには
フラスコで遊んでいるのが見えるように好奇心旺盛なシャルル
どうやら秀才キャラらしい六花さんには
妖精仲間にセリフを教えていたラケル
1人で戦おうとするキュアソードには
マナを仲間にすれば達成出来るかも
と、どこか目的の為なら手段を選らばなさそうなダビィ


でもその一方で
シャルルは秘密を漏らそうとするマナを
皆と一緒ではありますが止めようとしますし
何故マナを仲間にしないのか
と聞いちゃうダビィは心配性

ラケルはまだ謎ですが
1人と1匹、どこか補完しあっているように見えます

……

おい、おい

130210ぐーすか

なんで寝てるの

そういえば今回、このランスという妖精
伝説の戦士プリキュア、というセリフも
伝説の……で止まって
ラケルに教えて貰っておりました

お、おお……

アホの子、マイペースなランスと
性格を補完しあうキャラクター……
つまりガッチガチでギッチギチな……

130203ありす

ありすさん怖い


次回、第3話
『最高の相棒登場!キュアダイヤモンド!!』
お楽しみに!




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、怪我は無い? あの拍手レスは?
>>続きを読む
周りはどう広がっていくのか、第1話
遂に始まりました
プリキュアシリーズ10作目となる
ドキドキ!プリキュア、第1話
『地球が大ピンチ!残された最後のプリキュア!!』

何と言うか、
30分で分かるドキプリさんでございました
なので今回はキャラ紹介いきますかね

130203ソードさん

冒頭から追加プリキュアっぽい人が大活躍

トランプ王国にて、怪物のジコチューが大暴れ
追加プリキュアっぽいキュアソードさんが戦うも
奮戦空しく、王国は滅ぼされてしまいました

その後、どうなったかと言えば

130203デルモ

何か大人気タレントやってた

キュアソードさん、前に出まくってた
剣崎真琴って名前で新人アイドルとして売り出されてた
まこぴーまこぴー言われてた

組織復活の為に伝説の戦士プリキュアを、
女子中学生を売るトランプ王国怖い(違


そして主人公

130203世話焼き

万能世話焼き機、相田マナ

車酔いをしていた女子生徒を世話したり
他校の生徒とのケンカを仲裁したり
色々な運動部の助っ人を頼まれたり
迷子になっていた女児の面倒を見たり

130203動揺しない

ジコチューに説教したり、珍獣と握手したり

お、おう
特に疑問にも感じない模様
何故そうなってしまったのか問題の本質を見ていて
助けを求められたらそれを無下には出来ないのですね
すごく主人公


あとは

130203グエー

キュアソードが捕まると

130203ヘシン

キュアハートに変身したりしてました

と、とても真っ直ぐで
まさに主人公って感じでよろしいと思います


続きまして

130203ありす

天然お嬢様、四葉ありす

四葉財閥のお嬢様にして
地上999mを誇るクローバータワーのオーナーだそうで

それはもう、そうなったらもう
タワーの展望台なんて傍若無人に

130203並ぶ

並ぶよ!

ちゃんとエレベーターに並ぶよ!
あ「並んだ分だけ感動が待っている
  マナちゃんならそう言うと思います」

なんだ、もう調教済みなんですね

しかしカニを見るや否や

130203強そう

あ「あの子、おうちで飼ってもいいかしら?」

金で何でも出来てしまうありす
マナさんのしつけが無ければ
天然で悪意が感じられない分
自己中まっしぐらな物件でしたね

最初から矯正されてるのかー
だったら四葉グループのライバル企業とか出ないかなー
そこの娘がありすにライバル意識燃やしてないかなー
ツンで頼むなー


最後に
六「もう、マナったら」

130203幼馴染

マナの幼馴染、菱川六花

あー、
これは一番危ないですね
OPではマナに勉強を教えている様子が映され
そして日常的にマナの世話を焼いてますよ感
独占欲が透けて見えます


まだ2ヶ月程早いですが
ふたりはプリキュア時代から続く伝統の8話
毎年誰かがケンカしている8話
今年もそうなる可能性が高いでしょう
すると本命になるのは

130203ライバル?

六花VSまこぴー

アイドルで、マナの心を奪って
しかもプリキュアとして先輩で頼りになる
それに比べて自分は何も出来ない……
みたいな展開になると、これは嫉妬しまくりですよ

130203手つなぎ

対抗で六花VSマナ

振り向いてくれないどころか
あっちばかり向いてしまうマナ
その思いは間違った方向へ……
で、ジコチュー化させられるかもしれませんね
まあ、プリキュアを敵役にはしないでしょうけど
なので頑張って耐えてください


どちらにしろ六花が中心になると予想しちゃいますが
今のところケンカ出来そうなのって、この子しかいません
仕方ない仕方ない
だってありすがケンカしたらちょっとビビりますから

いや、可能性はゼロではないですか
現時点で関係があると明言されたのはマナだけですし
未だに友達の友達なのだとしたら
反りが合わないと感じた六花が
ありすに対して敵意を向ける可能性も……

……

130203メガネ

何にしろ六花が業を背負うと




130203早い

秘密も背負わされると

幼馴染はいつも振り回されて
そして結局付き合わされるのよ

やりましょう
もう、マナったら精神でやりましょう
ケンカした時はした時です


次回、第2話
『ガーン!キュアハートの正体がバレちゃった!!』
お楽しみに!




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、拍手した分だけレスが待っている
>>続きを読む