最近は主に『プ』が入ります。
4ヶ月出ないって今では考えられない、第21話
160626どうしよう

ヤ「闇の魔法は遂に完成したのです」

160626うがー

ドクロクシー大暴れの巻

前回、ボスにエメラルドを奪われ
そのままパワーアップさせてしまいました
説明を聞くに闇が世界を飲み込んで
ドクロクシーの中で1つになるとか何とか

元々は来たる災いに対抗する術を探していたはずが
自ら災いそのものになってしまうとは……
ああ、校長もショックを受けています
校長先生超ショック、校超ショックです(ドラ○クドラゴン)

ド「闇よ広がれ!」
ドクロクシーが力を解放し、吹き荒れる風

160626風

見えない

160626ぎゅっ

見えない

役立たずが

『STOP!闇の魔法!プリキュアVSドクロクシー!』
21話ップ、ラパパ!


風に飛ばされないよう
十六夜さんを掴む手
み「リコちゃん、大丈夫?」
十「ええ、助かったわ」


160626はじめて

あの時も

み「初めて呼んでくれたね、名前!」
十「呼んでないわ!」


160626白い

あの時も

み「リコーっ!」
十「みらい!」


160626お別れ

あの時も

ずっと掴んで離さなかった手
十「私たちはしっかりしなきゃね!」

160626離さない

お互いに信頼し合っている手

十六夜さんがぎゅっと握り返すのいいですね
片思いじゃないんだなって(何が

するとその百合力に反応したのか
モ「甘い匂いモフ!」
校「リンクルストーン!」


160626百合豚

集めた石がふたりの下へ

プリキュアに変身し
み「私たちは、ただ返して欲しいだけ」

160626返して

み十「はーちゃんを返して!!」

これが十代の主張
世界を覆う闇とか知らんがな
日常を返せと、望むのはそれだけ
これぞプリキュア節です

しかしまあ、

160626モスラーヤ

モスラ呼びそう

変身したのでもちろん

160626X字拳

バトルを繰り広げまして

……

160626モスラー

モスラ呼びそう


あとはまあ、

160626尻尾切り

ヤモー自ら飲み込まれたり

160626ダイヤ

必殺技と

160626脱出

はーちゃん脱出により撃破

するも、欲望だけの存在となったドクロクシーが
再度プリキュアさんに襲い掛かって来て

160626緑

緑色の光線が

これ見たことある奴です
何度も助けてくれた奴
リンクルスマホンの光と同じ奴!

160626ぺかー

はーちゃん!?

ええ……トレンドですけど
はーちゃんまで巨大化(成長)しますか

しかも出てきただけでは
巨大化(成長)だけでは飽き足らず
は「は━━━━━━━━!!」

160626はあああああ

溶かした!?

はーちゃんが「はー」ってやっただけなのに
なんか、ボスがジュワってなりました
しかし「はー」だけで溶けるって

160626くさい

モルボルの臭い息かな?

すると現れたのは

160626太郎

欲望から産まれたクシ太郎

溶けた欲望からクシィさんが登場
校長先生をチラッと見て
天へと昇っていきました
グッバイクシ太郎
フォーエバークシ太郎

160626昇天

はーちゃんまで!?

モ「大丈夫モフ、きっとまた会えるモフ……」

160626どこ

はーちゃんの行方が気になりつつ、つづく




ドクロクシーは倒したけど
はーちゃんを助けるために頑張ったのに
そのはーちゃんが消えちゃうなんて

160626どこ

はーちゃんは一体どこへ……

……

あっ!

160626はー

はーちゃんだ!

いや違う!

160626はい

フラワーエコーワンド(7/9発売)だ!

……

160626探さなきゃ

はーちゃんは一体どこへ……

あっ!

160626はー!

はーちゃんだ!

いや違う!

160626DX

リンクルスマホンDX(7/9発売)だ!

160626抱

キュアフェリーチェさんが出るみたいです

いつもの(お盆前)で
いつもの(新商品)で
いつもの(テコ入れ)ですね

EDの変更まで1ヶ月あるので
どんな波乱があるのでしょうか
今から楽しみです

とりあえず、
「きっとまた会える」フラグが

1606264ヶ月

満薫にならなくて良かったなって


次回、第22話
『芽生える新たな伝説!キュアフェリーチェ誕生!』
ワクワクもんだぁ!




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、拍手レスを返して!!
>>続きを読む
スポンサーサイト
画像じゃ伝わらない、第12話
前回起こってしまった秋田の冷戦が無事終結し
あとは学園祭のライブを成功させるのみ
さ「この中からステージ衣装を選んで!」

160623コスプレ

秋「絶対やだ!もっとやだ!」

だったのですが
梓「これどうですか?」
唯「ねえねえこれにしようよー」


160623浴衣
160623ぶしっ

憂「1日中浴衣で過ごしてたから冷えちゃったのかも……」

さわちゃん先生の手作り浴衣で
唯が風邪をひいてしまうのでした

……

そして遂に最終回となってしまいました
今週の秋山さん

梓「じゃあ私のあだ名言ってみて!」
唯?「あああずさ2号!」

唯?を尋問するあずにゃん

160623ごまかし

の後ろにチラッと見える秋山さん

唯は昔から夢中なことがあるとそれしか見えないと
和ちゃんが思い出話を始めたと思ったら

160623ザリザリ

大量のザリガニを浴槽に溜めていた

秋「ひいいいい……!?」
まさかのホラー話で
悲鳴を上げる秋山さん

160623ひいい

の頭

ライブ直前、唯がギターを家に忘れてきたと判明し
さわちゃん先生が貸してくれることになるも
唯「ギー太以外のギター弾けない」
律秋「だろうなー」


160623ぶー

知ってた秋山さん

160623ゴン

以上です

『軽音!』
けいおん!最終話です


色々あったんですよ
すごく濃い30分だったんです
秋「完璧に合いすぎる!」
律「唯のリズムキープが正確過ぎるんだ!」


160623上手い

病み上がりなのに唯のギターが上達してると思ったら

さ「いい加減いいんじゃない、憂ちゃん?」
さ「唯ちゃんよりおっぱい大きいじゃない!」


160623見破ったり

憂さんの変装だったりとか

唯「最高のライブにするから……」
梓「特別ですよ……」


160623ぎゅー

ゆいあずやったりとか


他にもキャラの成長が見られましたね
例えば、あずにゃんがかたくなに
ライブは絶対に唯と一緒じゃなきゃダメと言ってる一方で
秋山さんなんか
秋「梓、今日からリードの練習もしておいてくれないか」

160623先輩

先輩らしく万が一に備えてました

あずにゃんに、唯のパートも覚えてくれと
まだ何日か余裕がありますのに

1年生の時だったらきっと
唯に絶対治せとしか言わなかったでしょう
だって間違いなくボーカルをやらされるので
これが2年生の精神力

そうです、成長なんです
2年間で成長したんです
1話で唯が尻餅をついてたリビングなんかは
今回急いでギー太を家まで取りに行った時

160623成長

踏ん張って耐えますし

初めての登校日によそ見をしまくった通学路では
唯「あの頃の私、心配しなくていいよ。すぐ見つかるから。
  私にも出来ることが。夢中になれることが。
  大切な、大切な……大切な場所が!」


160623今と昔

脇目も振らずに走ります

夢中になれることのために
大切な場所へ急ぐ唯

一方その頃、

160623さわちゃん

さすがさわちゃん先生

遅刻した唯の代わりにリードギターを担当していました
なんか生徒たちの人気もすごいし
このまま放課後ティータイムに在籍しちゃおう
きっと武道館にも近くなるはず
……なんですが

160623むぎあず

楽しくはなさそう

160623秋田

上手いんだけど、何か違う

多分憂さんでも同じで
やりたいようにやる唯とは違って
完璧なリズムキープで演奏してくれるんでしょう

160623遅れてきた

すると唯が戻ってきた途端に

160623笑顔

ぱあっと笑顔になるんだもの

唯「いつもいつもご迷惑を……こんな大事な時に……」
律「みんな唯が大好きだよ」


160623大すき

知ってた

唯「ギターを買うためにみんなでバイトしたり
  毎日部室でお茶を飲んでたくさん喋ったり
  ムギちゃんの別荘で合宿したり
  入部してくれる1年生を探したり」


160623HTT

積み重ねた時間が違います

同じ釜の飯ならぬ
同じポットの紅茶、同じ箱のお菓子を
みんなで一緒に食べてきたんですから
みんな、みんなのことが大好きなんです

しかし気になったところが1つ
さわちゃんがギターを演奏している時の

160623ふっと

一瞬前を向くムギさん

ここは何だったんでしょう
いつもと違う感じがしたのか
何かに気付いたのか
疑問が残ります


あとはまあ、
放課後ティータイムが揃いまして

160623ふわふわ

ふわふわ時間を演奏して

160623まんぞく

無事に終わったとホッとしていたら

ペーペーペーペー

160623ペーペーペーペー

ムギさん!?

いつも周りから見ていた側のムギさんが
率先して、まだやりたいという意思表示

160623ダンダン

律ちゃんが呼応して

160623ジャンジャンジャン

秋山さんとあずにゃんまで続いて

160623ケツ

みんなでイントロを弾いて

客席にお尻を向けてるの、いいですよね
何日も寝込んでて練習を出来なかった唯
みんなだけで楽しく演奏する時間を持てなかった
その分をここで楽しんでいる感じがして好きです
溜めて、溜めて、溜めて

唯「もう一回!!」

160623いっくよー

アンコールを歌って

唯「律ちゃん、もう一曲!」
律「おっしゃー!」
和「もう時間切れよ!」


160623おしまい

おしまい

ありがとう、けいおんさん
さようなら、けいおんさん
またいつか、けいおんさん




……まあ、
唯「マシュマロ豆乳鍋とかチョコカレー鍋とかはどうかな」

160623ましゅ鍋

来週会うんですけど

番外編だそうです
全部で2話あります
ぶっちゃけ唯たちが3年生になる
2期までの繋ぎですね


次回、けいおん!番外編、第13話
『冬の日!』
お楽しみに!
ラブピ
梅雨ですね
私の住んでるところも
ちょっと前に梅雨入りしまして
最近は曇りの合間にときたま雨が降っています
お陰で運悪く外で雨に当たった日には
濡れてしょうがない

?「これで拭くずら」
ああ、すみません
これはどうも

160620縦長

どうも

160620ずらぁ

花丸ですずら

ええと、バスタオルだそうです
風呂上がりに体を拭くでっかいタオル
7月2日より放送が開始される
ラブライブ!サンシャイン!!さんのタオル
先日ゲーセンにあったので取りました

160620全部で

3種類あるみたいですね

学年毎、3人ずつに分かれておりまして
私が取ったのは1年生バージョンでした
袋から顔が見えてたのが千歌、ダイヤ、花丸で
1年生を選んでしまうのは仕方ないと思われます

順番に拡大していきますと

160620よしこ

善子(ヨハネ)さんに

160620まる

花丸さんに

160620るび

ルビィさん

ガッツリYOSHIKO表記になってますけども
あまり気にしない方向で


しかしこのタオル
クレーンゲームのアームでも掴めるように
畳まれて、輪ゴムで留めてあったのですが

……

160620ヒッピー

ヒッピーかな?




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、7月2日拍手レス
>>続きを読む
多分心配そうに見てるだけ、第20話
前回、開かずの扉の鍵が開き

160619いくぜ

み「じゃあ行くよ!」
十「ええ!」


はーちゃんの様子が変なので
校長先生のところへ行こうとしたら

160612むしゃあ

食っちゃ寝はーちゃんを思い出し

160619モフぅ

モ「モフルンもグレープ食べたかったモフ」

160619抜けて

扉を抜けると

160619いつもの

魔法商店街であった

『ドタバタでヤバスギ!魔法界に生まれたエメラルド!』
20話ップ、ラパパ!


160619すっぱい

み「すっぱーい!」
モ「すっぱいモフー!」


十六夜さんが仰るに、
すっぱいブドウの『スイープ』だそうで
ワインのブドウはすごく甘いと聞きますし
ジャムにでも使うのでしょうか

でも、もしすっぱいブドウを美味しいと言っていたら
みらいさんの妊娠疑惑もあったんですよね
妊婦に魔法実習をさせていたと魔法学校が問題に(時事

閑話休題、
何故か魔法商店街に行っちゃいましたが
それでは次こそ校長先生の下へ
モ「今度は甘いものが食べたいモフ!」

160619甘い

はい、甘いもの

どういう訳か、ナシマホウ界にある
イチゴメロンパン屋さんの前にワープしました

み「そういえば校長先生いなかったね」

160619どうすんべ

そして見つからない校長先生

うーん、どこでも開かずの扉を使っているのに
どうして行きたいところへ向かってくれないのか
グレープとか甘いもの食べたいとは考えましたけども
すると「もしかして」と十六夜さんが閃きまして

十「頭の中に思い浮かべた場所に連れてってくれるのよ!」

160619ひらめき

だそうです

なんだ、
頭の中で考えた場所に移動できるって

160619どこでも

やっぱりどこでも○アだったんですね

「「校長先生(モフ)……」」

160619願い

今度こそ、心の底から思って

160619来たよ

「「校長先生ー!!」」

すると扉の向こうには

160619いた

探していた校長先生の姿が!

160619あれ?

バッティと対峙する校長先生の姿が

160619うん?

怪しいヤモリの姿が……

160619……



160619…………



160619帰宅



十「ななな何あれー!?」
み「びびびビックリしたあ!」


160619いやいやいや

ノーカン、ノーカン

すっごい修羅場ってました
多分入ったらダメなパターンだと思います
いやでもそういえば校長いたしなあ
無視したらいかん奴やんなあ

み「す、すいませーん」
十「し、失礼しまーす」


160619ワンモア

やりなおしたら……

160619消滅

扉を消された!?

挨拶したのに!
先輩の楽屋に挨拶するみたいに入ったのに!

ヤ「リンクルスマホンわざわざお持ち頂けるとは」

160619のぞき

魔法でリンクルスマホンの位置を探られた!?

しかもお土産まで要求とか
ラスボスの風上にも置けませんね

って、それはズルイですよ
私だって制服の中を探っ……
いやその、モフルンの綿とか(夢を持て


校長「その魔法……わしはそなたを知っておる!」
どうやらボス、ドクロクシーの正体が分かったようで
葬られたはずの闇の魔法を使いこなせるのは
歴代の魔法学校教師の中で最も優れた魔法つかい

160619くっしー

校長「我が友、クシィ!」

はるか昔に、いずれ訪れる災いを回避するため
リンクルストーン・エメラルドを探していた校長先生とクシィさん
でも見つからないものは見つからないので
クシィさんが手っ取り早く解決するために
禁断の魔法を研究しておりましたら

160619闇

校長「命を落としたはず!」

160619なんだってー

な、なんだってー!

しかし人としての魂は失いましたが
欲望がすごすぎて欲だけで動いているみたいです
はえー、欲って底なしなんですね

で、闇の魔法とエメラルドが合わさったら
最強になるのでエメラルドを追い求めていると
だったらそれを阻止してやるというのが当然古い友人の役目

校長「キュアップラパパ!」

160619カッコイイ

ハスキーなキュアップラパパ

校長が長年使わなかった魔力を遂に開放しました
白を基調とした長いローブの衣装
胸はだけシャツ野郎とは違ってカッコいいですね

160619つよそう

校長「闇を切り裂け!」
ド「光よ消え去れ!」


しかし悲しいかな、
蓄えていた魔法を使う相手が友人になろうとは

160619ずどん

2つの強大な魔法がぶつかった結果

校長「みんな、大丈夫か……」
「「ええーっ!?」」


160619老いぼれ

おじいちゃーん!?

どうやら長年溜めていた魔法を使い果たしてしまって
一気に老化が進んでしまいました
魔法にはアンチエイジング効果があったんですね
しかもラスボスに唯一対抗できる校長先生が無力化

ド「我が手に」

160619スマホン

更にリンクルスマホンまで取られ

160619やべえ

大ピンチに

スマホンくらい買えばええやないの!
このドクロケチー!

しかし大ピンチだからこそ
信念が光輝くのもプリキュアさん

160619補習

み「どんな大変な状況でも負けない心を」
十「授業で学びました!」


160619おもいで

十「世の中には色んな人がいて
  色んな考え方があるんだって」


魔法界にもナシマホウ界にも
まだまだ学ぶことはいっぱいある
みんなで一緒に帰らなきゃいけない
はーちゃんも一緒に帰るんだから
はよリンクルスマホン返せと怒りましたら

魔法界で何かが反応して

160619あっ

ドクロクシーも反応して?

160619移動

ええ……

まさかのワープしました
魔法学校にワープしました

すると全部のリンクルストーンが輪になり
その中心に緑色の光線が集まり固まってきて
モ「エメラルド! 命のリンクルストーンモフ!」
み「リンクルストーン……」
十「エメラルド!」


160619あれが伝説の

その場で形作られていくエメラルド

はー、これが今まで探し求めてきた
リンクルストーン・エメラルドですか
出来立てほやほやだと分かると
べとべとしてそうですよね

バ「あれがドクロクシー様の求めていた力!」
あっ

160619じゅわあ

あーあ

バッティが触れようとしただけでも
一瞬で消滅してしまうほどの力を持つエメラルド

これ、どうすればいいんでしょうね
ナシマホウ界にとっての太陽みたいで
オーバーテクノロジーすぎて処理のしようが

と、困っておりましたら

160619パワー

ドクロクシーが体内へと取り込み

160619大変だ

魔法界の草木が枯れみんなが変化に戸惑う中

160619巨大化

巨大化するのでした




魔法界の存続の危機にまで発展し
ナシマホウ界まで揺るがす大騒動になりました
ドクロクシーとの一大決戦

頑張れ……!

160619頑張れ

頑張れプリキュア!

160619頑張って

負けるな魔黄瀬さん!!

そういえば7月
第22話まであと少しですね
何とは言いませんが


次回、第21話
『STOP!闇の魔法!プリキュアVSドクロクシー!』
ワクワクもんだぁ!




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、ははは拍手レスう!
>>続きを読む
秋田、第11話
梓「去年の軽音部のライブも見たかったです」
秋「ブフーッ」


160616汚い

学園祭の度に掘り返される女

初めての学園祭が間近に迫りワクワクしていたら
いきなり先輩が紅茶を吹き出しました
あずにゃんからしてみたら意味が分かりませんね

梓「ネックも反ってるし
  これだとオクターブチューニングも滅茶苦茶ですよ!」
唯「オクタ……ネック?」


160616小汚い

こっちの先輩もアレですし

一度も手入れをしてないボロボロなギター
これじゃ練習になりませんので
楽器店で見て貰うことにするのでした

梓「もうすぐ学園祭というこの時期にまさか軽音部に
  こんな危機が訪れるとは思っていませんでした……」


あずにゃんが不穏なナレーションを入れつつ
っと、そうそう忘れてました
ちゃんとやります今週の秋「もういいよ!」

……

160616えっ

え?

『ピンチ!』
けいおん!第11話です


ええと、
楽器屋さんへ行きましたら
珍しく左利き用楽器のフェアが開催されていて
秋「店員さん! ここにあるの全部ください!」

160616やすうい

秋山さんのテンションが上がりまくり

ギターが直ったと喜んでいたら
店員「お代の方、5千円になります」
唯「……おかねとるの?」


160616ええ

唯が呆然とし

律「澪ー、帰るぞー」
秋「やだ」
律「小学生か……みんな待ってんだって」
秋「やだ」


160616駄々っ子

秋山さんが駄々をこねて

160616尻

どさりと尻餅

律「何やってんだよー」
秋「もういいよ!」


160616おこ

秋「馬鹿律」

これはいけません
駄々をこねて迷惑をかけたことも
無理やり引っ張って倒したことも
互いに謝っていません

普段の漫才ならボケた律ちゃんに
秋山さんが突っ込んでおしまいなんですが
終わりの見えないボケと
加減を知らない突っ込み
どちらも慣れない役目を負ったせいで
納得がいかないまま終わってしまいました


その後、律ちゃんがみんなでお茶しようと提案しましたら
唯「ごめん、この後和ちゃんと約束あるんだ」

160616ぶーぶー

律「えー」

おいおい、唯さんや
軽音部よりそっちの方が大事かよ
でもまあ先約があったなら仕方ないですね

秋「和も来るの? 私も行っていい?」
唯「いいよー。じゃあ和ちゃんにも連絡するね」


160616嬉しそう

テンションの上がる秋山さん

おい……おい、そっちの方が大事かよ
同じ部活よりも同じクラスの縁を大事にするのですか


秋「1つのことを覚えたら1つのことを忘れちゃって」
和「あるある、一度やり出したらすごいところまで行くんだけどね」
秋「そうそう」


160616わいわい

唯の愚痴で盛り上がる2人

あれ、おかしいな
3話でやってた試験勉強の時は
互いの幼馴染自慢をしていたはずなんですが
いつの間にか共通の話題を持っていたようです

律「チッ、なんか良い雰囲気だなあの2人……」
紬「何か探偵さんみたいね♪」


160616ジー

イライラ律ちゃんとワクワクムギさん

すると意を決したように
律「……よし、突撃」

160616よし

ちょっと待って律ちゃん

探偵さんです、探偵さん
ムギさんはこっそりと覗くことに
面白さを見出してますのに
何故ぶち壊す方向に進んじゃいますか
あと「とつげーき!」じゃないんですか
テンションおかしいですよ

律「おっふたりさーん、仲いいっすねー!」

160616どーん

どーん

律「ウチの澪がいつもお世話になってまーす♪」
律「なに? なんか嫌なの?」


160616ウチの

秋山さんにぶつける律ちゃん


更に翌日になっても
和「あり合わせの物詰めただけだし」
秋「自分で作ってるんだ。私なんて」

クラスで弁当談義を楽しんでいたら

律「ランチタイムしゅーりょー!」

160616こわい

律「これから学祭までは昼休みも練習するから」

部長権限で横暴律ちゃん

律「今年の学園祭は澪どんな風に盛り上げてくれんのかなー?」
律「去年はパンチラだったしー、今年はへそ出しとかかなー?」

練習の準備中に酔っ払いのような絡みをして

160616激おこ

秋「練習するんだろ!」

おおっとぉ、秋山さん耐え切れずに爆発
これは流石の律ちゃんも怯んで……

律「するよー」

160616笑顔

ええ……

秋山さんが怒ってることに満足そうな顔
自分への突っ込みに秋山さんが生き甲斐を感じてくれれば
そんな共依存を求めておられるのでしょうか
自分さえ見てくれれば……
だけでもヤンデレ入ってますね

160616いじり

律「ポニテー、三つ編みー!」
秋「ちょ……やめろって!」


更に怒らせにかかる律ちゃん
今のところこれしか手段が思いつかないんです
まあ、イチャついてはいるんですけど

160616えええ

不穏さを感じ取るメンバー

アンテナ感度の高いムギさんは当然として
1年生のあずにゃんさえも何かおかしいと感じてます
唯は、不思議そうに見てるだけ

律「すっごい怖いホラー映画持ってきたんだけど」

160616ぷりぷり

秋「も、もう教室戻るぞ!」

ホラー攻め律ちゃんに対し
イタズラするなら練習しないぞと返す秋山さん
ふう、よかったよかった
ここまで来ればいつもの漫才ですね

律「悪かったよ、せっかくの
  和との楽しいランチタイムを邪魔してさ!」
秋「そんなこと言ってないだろ!?」


160616マジギレ

えええ……

まさかの教室に地雷が埋まっていました
というか和ちゃんが地雷でした
まあ、仲良くなれた友達が幼馴染にとってアウトとか
今の秋山さんには想像出来ませんわね

唯「何? どうしたんだろう?」
紬「お茶にしない? お茶にしよう……ね?」

先輩たちがあたふたする中

梓「みなさん! 仲良く練習しましょう……」

160616にゃん

決死のネコミミ

お陰で一旦休戦に持ち込んだのでした
よくやったあずにゃん
家に来て妹をファックしていいぞ

しかし、数々の困難を乗り越え
みんなを繋いできたはずのお茶パワー
でも今回の幼馴染拗れに限っては無力でした

律「なんか調子出ないや。また放課後ねー」

160616っしたー

そしてバンドも無力

息の合った演奏が楽しいと言っても
演奏が出来なければ意味がありません
ああ、このままじゃ律ちゃんが脱退してしまう

160616おかし

梓「学園祭のライブ、どうなるんでしょう……」

飲まれないお茶と、誰も手を付けないお菓子
こんなに悲しいティータイムがあっていいのでしょうか

さ「代わりを探すとかね」

160616独身

鬼!悪魔!独身!

そりゃあ2日連続で顔を出さなかった律ちゃんですけど
何てことを言い出すのかさわちゃん先生
万が一のことを考えてサポートのドラムを探すだなんて

……まあ、ぶっちゃけいないこともないとは思います
例えば琴吹家のメイd
紬「律ちゃんの代わりはいません!」

160616ムギュウ

黙ってられないムギさん

よかった、みんな疑心暗鬼になってしまったけど
ちゃんと律ちゃんのことを信じる子はいたんだ

紬「待ってよう、律ちゃんが来るの、待っていようよ……」
そうムギさんが絞り出していましたら

160616さすさわ

これは先生

仲間は絶対に戻ってくる
若い理想論を嬉しそうに見つめております
なんだ、発破をかけただけでしたか
自分たちの言葉で律ちゃんを信じさせようと
ありがとうさわちゃん先生
フォーエバー独身


その後、学校を休んだと聞いて

160616足音

寝込む律ちゃんと階段を上る足音

律「澪ー?」
秋「超能力者か」
律「わかるよ、澪の足音は」

はい10OP(幼馴染ポイント)

秋「早く治しなよ。みんな待ってるからさ」
律「怒ってない?」
秋「ないよ」
律「澪は?」
秋「ないよ。当たり前だろ」


160616みえ

見え……

秋「ただ、律のドラムがないと、ちょっと寂しいかな
  私走り気味でもさ、やっぱ活きが良くって
  パワフルな律のドラム、好きなんだよ」


160616ぽふ

秋山さんの告白を聞き

律「もう治ったー! ……クシュッ」
秋「いや治ってないから!」


160616全快

治った、治りました

秋「じゃあもう帰るな」
律「ええー! 寝るまでそばにいてよー
  おねがーい、ねえ澪ー」
秋「やれやれ」


160616晴れやか

ほら治ってた

ボケキャラになってしまうのではと心配しましたが
秋山さんは秋山さんのままでした
律ちゃんの甘えを受け止めてくれる秋山さんでした
それに気付いて晴れやか律ちゃん
秋田の絆は永遠です


あとはまあ、

160616お見舞い

みんなもお見舞いに来て

160616おー

学園祭に向けて気合を入れ直し

律「すみません!すみません!」
和「私からもお願いします」

学園祭の講堂使用届を提出し忘れていたので

160616さーせん

和ちゃんも一緒に頭を下げてくれ

律「アンタええ人やあ! 澪をよろしく!
  これからはアタシの面倒も見てくだせえ!」


160616あんたぁ

律ちゃんの甘え先が増えまして

「「バンド名、けってーい!!」」

160616いえーい

『放課後ティータイム』になるのでした

唯「ひー……キシッ!」

160616あっ

不穏な予感を漂わせながら次回につづく




160616こぶ

既殴律ちゃん

160616憂さん

心配そうな憂さん

文化祭が間近に迫って
それなのに唯が風邪をひいて

160616最終話

最終回だそうです

もう1クール終わってしまうのですね
あと2クールくらい見たいなあ
番外編とかやらないかなあ


次回、最終話
『軽音!』
お楽しみに!
見えない、第19話
モ「はーちゃん寝ちゃったモフ」
み「力を使って疲れちゃったのかな」


160612むしゃあ

食っちゃ寝はーちゃん

前回光って闇を振り払ったはーちゃん
ご飯を食べて寝ちゃいました

ああいけません、それはいけませんよ
よく食べてよく寝るのは大事ですが
それだと成長してしまいます
これ以上大きくなってしまわれると
ペド野郎の方々がお怒りになってしまいます

『探検&冒険!魔法のとびらのナゾ!』
19話ップ、ラパパ!


しかしどうしてはーちゃんがキレたら
リンクルスマホンが光って闇を払ったのか
十「校長先生に聞いてみるしかなさそうね」
困った時の校長、助けて校長えもーん
ということで聞きに行きましたら

160612白い

みらいさんに白いものをぶっかけたよ

校長「しばしの間魔法学校を留守にする」
伝書ポットに残された伝言でした
ポットなので白い湯気だと思います
ううん、肝心な時に役立たず
ファンタジー偉い人あるあるですね


黄「校長先生って謎の多い人だから……」
ドゥ「校長先生の七不思議って語り継がれてるよね」


160612メイト

お久しぶりです補習メイトさん

ヒントが残されてないのなら
ヒントを探すしかありません
聞き込みです。捜査は足から

でも出てくる話が
何歳なのか謎
魔法を使っているところを見たことがない
校長室から女の人の声(水晶)
苦いお茶を飲んでいる
昔ナシマホウ界でモテモテだった
校長先生も行ったことがない図書館の一番奥の存在

途中から不思議でもない噂レベルの話とか
むしろみらいさん達の方が詳しかったりとか
まあ、そんなものですよねと
人探しの手がかりにもならず肩透かし

リ「開かずの扉を開けられるのは校長先生のみ」
十「お姉ちゃん!」


160612姉

知っているのか雷電

そこへ訳知り顔のリズさんが登場
魔法学校を支え、上から見下ろす巨大な樹木
そこの頂上に開かずの扉があるそうで

巨大なら飛んで行けば分かるはずの扉
なのにその存在さえ伝聞になっているのは
み「これより先、登るべからず。魔法学校」
十「分かった? 校則で禁止されてるの」


160612禁止

上の方が立ち入り禁止だからなんですが

木に宿る不思議な力が登る邪魔をしてくるとか何とか
えええ、そういうの?
もっとこう、学園物ならさあ
風紀委員みたいな存在とかさあ
取り締まる存在が見たかったですね


あとはまあ、
み「校長先生を探しに行ってきます」

160612飛びます

見えそうだったり

十「け、毛虫!?」

160612ビビり

見えそうだったり

み「キャー!?」

160612落ちる

見えそうだったり

十「怪我はない?」
み「うん……えへへ」


160612てへへ

見えそうだったり

160612毛虫

巨大毛虫に追われた先で

十「ここって、もしかして頂上?」
み「あれが開かずの扉!?」


160612はえー

開かずの扉を発見

160612コウモリ

バッティにも見つかり

は「みんなをいじめないでー!」
するとはーちゃんが
……じゃないや

160612はーーー

リンクルスマホンがまた闇を払って

まあ、分かっちゃいるんですけどね
はーちゃん自身じゃなくて
リンクルスマホンが光るっているのは

でも妖精よりアイテムを優先してるんですよ
何故そっちが重要なのか
7月辺りに判明するのでしょうか

モ「アメジスト、扉のリンクルストーンモフ」

160612石

新しい石を発見し

モ「はーちゃん、また寝ちゃったモフ?」
十「どうしたのかしら、いつもと様子が……」


160612むしゃあ

食っちゃ寝はーちゃん

いけません
ペド野郎がお怒りに

十「ひょっとして通れるように?」
み「ここをくぐって進めってことかな?」
モ「アメジストが導いてくれるモフ!」

校長先生を見つけるべく
タッチペンが描いた鍵で開いた扉を

160612開いた

みんなで進むのでした




160612ちゃーす

開いた扉に入りましたら

160612勝てる訳が

2人なんかに負ける訳ねぇだろ!

ラスボスのところに繋がってしまったようです
ああ、もう山場ですか、早いですね
そういえばトワさんが加入したのが7月で……
7月に何かあるんですかね、ねえ?


次回、第20話
『ドタバタでヤバスギ!魔法界に生まれたエメラルド!』
ワクワクもんだぁ!




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、はーちゃん、また拍手レスモフ?
>>続きを読む
夏まであと
暑いですね
夏の足音が聞こえて来そうな昨今ですけども
というか金沢はまだ梅雨入りもしてないはずなんですが
梅雨明けたんじゃなかろうかと思うくらいには
既に暑いです

そうそう、夏と言えば
7月に始まります、アレ

160611PV

サンシャインさんのPVが発表されましたね

160611勧誘

新入生を勧誘したりとか

160611変

顔芸ヨハネとか

ダ「わたくしが生徒会室である限り……」

160611金剛石

ダ「スクールアイドル部は認めません!」

ツンツンダイヤさんとか
やあ、1話から盛り沢山な予感がしております

PVで個人的に気になったのは
実家がリゾート開発している鞠莉さんと
地元の海でダイビングショップを営む果南さん
てっきり熟年夫婦ポジションで
のぞえりっぽくなるのかと思っていたら

160611遺恨

果「小原家でしょ……」
鞠「2年振りデスカ」


ヘリで沼津にやって来た鞠莉さんと
そのヘリを忌々しく見つめる果南さん
中々遺恨が深そうでワクワクしますね

というかシャイニーさん、カタコトなんですね


しかしまあ、ねえ
やっぱりビックリしましたね
始まってすぐに一番ビックリしました

160611ガッツリ

想像以上にガッツリμ'sさん

もっと存在を匂わすくらいかと思ってたら
まさか本編でPVを流すレベルとは

しかもスタダを見て、スノハレの画像も持ってて
まさか1年後かと期待してしまうくらい
色々出てきた気がします

ではまた夏に
BDでも薄くなってないらしい、第10話
梓「変なあだ名付けてくるし、やたらスキンシップしてくるし」
憂「お姉ちゃんってあったかくて気持ちいいよね」


160609ごろごろ

ゆいなかま

お友達になりました、多分唯繋がりで
あずにゃんは愚痴ったのに妹と噛み合わない
多分愚痴と見せかけた惚気ってバレてますね
憂さんも負けてられません

夏休みになったので初めてのおでかけだそうです
まあそんなことなんで、夏休みなんで
すぐに合宿行って貰いましょう

160609がっしゅーく

同時に今週の秋山さん

……やりたいんですけどね
やりますけども、先にやられたらね
梓「昔フジツボで足を切った少年が」
秋「キャアアアアアア!?」


160609本家

本編でやられたらね

あずにゃんのフジツボ話に
耳を塞いで逃げ回る秋山さん

律「疲れたあ……お腹空いた……」
秋「我慢しろ」

海で遊び回った後、練習スタジオに入る秋山さん

160609練習

他メンバー

秋「おにぎりでも作るか」
梓「はいっ」

バーベキューのお供におにぎりを握る秋山さん

160609でかい

とあずにゃんの手のひら格差

160609ガーン

以上です

『また合宿!』
けいおん!第10話です


特に語ることないんですけどね
外からは見えない軽音部の裏の顔を
合宿を通して見る話

紬「浜辺にあるものすぐに片付けて!お船もいらない!」
別荘地に行ったらフルーツ盛り合わせにパラソルに
クルーザーが用意されているのを見て
泣きながら抗議の電話を掛けるムギさん

160609いらない

はいかわいい

律「さてはスポーツとか苦手な人?」
梓「そんなことありません!やってやるです!」

練習したいのに、冷めた目で先輩を眺めていたら
律ちゃんに乗せられ遊ぶことになったあずにゃん

160609ヤッテヤルデス

そりゃかわいい

さ「みおぢゃああああん」
梓「先生!?」


160609みおぢゃん

肝試し中に思わぬ乱入者が出て

紬「澪ちゃん、大丈夫だから。澪ちゃん」
梓「澪先輩ってこんなに怖がりだったんだ」


160609白

失神する秋山さん

秋「酷い目にあった……」
律「澪、澪っ」

直後に大浴場で和ませる律ちゃん

160609むいーん

いい子かわいい

律「梓、熱いのダメなの?」
梓「いや、そうじゃないんですけど」


160609湯気

湯気かわいくない

唯「こういうのは勢いよく入った方がいいんだよ」

160609ゆげげ

湯気帰れ

160609お手洗い

人知れず

160609練習

特訓して

160609ぎゅー

抱き着く唯梓


特訓漬けの合宿とばかり考えていたのに
遊んでばかりでガッカリするあずにゃんでしたが
梓「やっぱり行って良かった」

160609たのしかった

梓「先輩たちの色んなことが分かったもん」

「意外と怖がりだった」秋山さんとか
「大雑把だけど、澪先輩とは良い感じだった」律ちゃんとか
「案外子供っぽいとこもあってかわいい」ムギさんとか

新歓ライブの演奏に感動して入部するも
お茶ばかりして不真面目な姿を見ていたあずにゃん
合宿でみんなの新しい顔を発見出来たみたいですね

腹を割って話す間柄になるには
一緒にすごすのが一番いいのかも知れません

憂「お姉ちゃんは?」
梓「唯先輩は……」


160609驚

梓「ちゃんと練習してた!」

一番驚いた裏の顔
天才じゃなかった努力してた唯の意外な一面
見直す、ではないけど、ちょっとは優しくなれるかも

梓「相変わらず抱き着いて来られるんだけどね」
憂「あったかいでしょ、お姉ちゃん」
梓「……そだね」


160609記念

満更でもないあずにゃんなのでした




店員「これヴィンテージギターですか?」

160609懐かしの

梓「ただ汚いだけです……」
唯「まだ買って1年です!」


弦の張り替えを一度もせず
でも大切に可愛がっていたら
小汚いギターになりました

学園祭までに唯のギターが直らなきゃライブが出来ない
さあ大変、どうしよう


次回、第11話
『ピンチ!』
お楽しみに!
避けられない、第18話
毎回放送後にやってることが2つありまして
感想用の画像を保存することと
サイトで次回のタイトルをコピーすることなんですけども

で、今回もまずは画像を集めて
直後にプリキュアさんのサイトへ行きましたら

160605モザモザ

なんじゃこりゃ

こちらで勝手にモザイクかけました
ええと、展開に関するネタバレですね
何かが7月にあるみたいです

チラッと噂を聞いたり
今回たのしい幼稚園のCMを見て
「えっ?」とは思いましたけども

意識して避け続けてきたのに
まさか公式サイトにやられるとは……

『魔法界再び!リンクルストーンを取り返せ!』
18話ップ、ラパパ!


は「ガーネット……」

160605しょぼん

はーちゃんもネタバレ見てしまいましたか

じゃないです
前回プリキュアさんの石を落っことして
ガメッツに奪われてしまっただけです

するとモフルンが安心させるべく
ドンッと胸を叩いて

160605任せとけ

モ「2人が見つけてくれるモフ!」

いやまあ、うん、実際そうなんですけども
結局プリキュアさんがやるんですけども
はーちゃんの無力感が増してしまいませんかね……

その後ガメッツから届いた果たし状を頼りに

160605トレイン

魔法界へと向かうのでした


ホウキで飛んで向かっていましたら

160605ロレッタ先生

空を飛ぶ練習をする人魚と再会

ロレッタ先生と、ロリ生徒ですね
名前は各自でおググり下さい

しかし目的地の最果て島には
ホウキだと3日もかかるのだそうで
み「待っててくれるかな……」
そこの心配するの……
まあ、石の心配なんでしょうけど
心の優しさが感じられますね

ロ「ちょっと来て」
と、ロレッタ先生に付いて行きましたら

み「海の中を走る船! ワクワクもんだぁ!」
ロ「これを使えば最果て島の近くまですぐ行けるわ」


160605おっきい

はえ~、すっごいおっきい

ホウキより速い高速潜水艦でひとっとび
結構楽になりますね
動力が何なのか気になりますが
気にしないようにしましょう

ロ「空飛ぶ人魚は本当にいた」

160605先生

ロ「みらいさんとリコさんが勇気をくれたの」

長い間、誰とも関わろうとしなかった人魚の里
だけど空を飛んでいた昔の人魚は外界と交流があった
もう一度空を飛んで、外へ飛び出そうと
みんなで話しているのだそうで

は「プリキュア……勇気……」

160605勇気

何かを掴もうとするはーちゃん

一度しか会ってない人魚達が勇気を貰っている
じゃあ、自分は……?


ロ「最果て島はもうすぐよ」
どうやら最果て島の近くまで来まして
周りを見渡す限り大海原が広がっているだけなのですが
……上?

160605ゴロゴロ

ロ「最果て島は空に浮かぶ島」

ホウキで飛んで行けと仰いますか
空を飛べない人は空を飛ぶ苦労を知らないから困る
しかも嵐雲が行く手を阻んでいて
やべえよやべえよと困っていたら

は「ペガサスだー!」
十「あの時の!」


160605馬

海の次は空を飛ぶプロが参上

記念撮影をしたペガサス親子ですね
はぐれた親子を再会させたり
ヨクバールを撃退してあげたりしました

すると更に
モ「はーちゃんにもありがとうって言ってるモフ」
み「お花のパンケーキごちそうさまってことかな」


160605×

子ペガサス×はーちゃん

モ「はーちゃんもみんなの力になってるモフ」

160605はえー

嬉しいはーちゃん

お世話されるだけじゃない
自分にだって出来ることがあった
才能を惜しまずに振り撒きましょう


……しかし、
ホウキに跨っている時の下からの煽り

160605ホウキ

ちょっと不味いですね

お尻が映ってないということは
全体重が股間に集中していると
ちょっと湿って……
ああうんそうですそうです海上なのでね
潮が、ね(もう喋るな


ペガサスに乗って行った先で
ガ「今まで抑えてきた我が力、全て解放しよう」

160605つよそう

出会って4秒でガメッツが巨大化しまして

ガ「赤いプリキュアで来い」
ええ……前代未聞ですよ
自分が本気で力比べをしたいからって
まさかの変身コスチュームを指定とか
しかもダイヤよりルビィ派ですってよ

160605ルビィ

このロ○コンめ!

ガ「強い者こそが正義! 強さとは力!」

160605つよい

ガ「強大なパワーを持った者が世界を手に入れる!」

力を解放しただけあって強いですガメッツ
百戦錬磨のプリキュアさんが相手ですのに
一方的に蹴散らしております
あと魔法界とナシマホウ界を支配したいのだそうで
大雑把な願いがあったんですね

大ピンチ、プリキュアさん
ずんずんと向かってくるガメッツ
しかしなんとそこへ立ち塞がったのは

160605待った

は「ダメ!」

まさかのはーちゃんでした
勇気を振り絞って、食い止めようとしております
逃げてと十六夜さんに言われるも
「逃げない!」と強情はーちゃん

人魚もペガサスもプリキュアさんのために頑張った
だったら自分に出来ることだって必ずあるはず

ガ「誰かを思う気持ちだけは我には勝てぬ」
しかしそんなに甘い話はなく
一歩一歩、ゆっくりと近付いて来て……

は「ミラクルとマジカルは諦めない!」

160605強いの

は「プリキュアは強いのー!!」

160605発光

光った!?

いえ、はーちゃんではなく
リンクルスマホンが光りまして
闇の力を吹き飛ばしてくれたようです

あとはまあ、
み「はーちゃんの思い伝わったよ!」
十「ありがとう!」


160605帰ってきた

あとは任せんしゃいとプリキュアさん

み「戦う力だけが強さじゃない!」
十「誰かを思う気持ちだって強さなのよ!」


160605おらあ

見得を切りまして

ガ「全力を尽くせる強敵と出会えたこと、悔いはない」

160605浄化

ガメッツを浄化して

160605石

ガーネットを手に入れて

めでたしめでたしなので

160605すりすり

は「みらい!リコ!」

160605大すき

は「大すき!!」

160605あああああ

思いを伝えてめでたしめでたし

み「はーちゃん! 私も大好きだよ!」
十「わっ、私だって!」


魚はー?

モ「モフルンは? モフルンは?」
は「モフルンも大すき!」


魚はー!?




みらいさんと十六夜さん
急遽、魔法界に来た訳ですが

160605補習メイト

もうちょっと滞在するみたいですね

泣く子も黙るジュンさんにドゥーチェが出るようで
今回もホウキで飛んで行くのを見ていましたが
編集の都合でカットしました

160605校長

校長の秘密に迫る?

という訳ではなく
開かずの扉が云々
まあ校長も謎だらけなので
ついでに暴いてください


次回、第19話
『探検&冒険!魔法のとびらのナゾ!』
ワクワクもんだぁ!




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、みらいさんとリコさんが拍手レスをくれたの
>>続きを読む
にゃんにゃんにゃん、第9話
前回、部室で新入部員を待つも誰1人来ず
最終手段に憂さん捕まえるかと相談していましたら
唯「軽音学部に待望の入部希望者がやって来ました!」

160602あずあず

中野梓さんを確保しました

それでは早速
紬「お名前はなんていうの?」
律「パートは何やってんの?」
唯「好きな食べ物は?」


160602わいわい

秋「落ち着けお前ら」

はじめての後輩、かわいい下級生
逃がさないようにしましょう

しかし、せっかく唯一無二でしたのに
黒髪ロングでキャラが被って
しかもイジられ役を取られてしまい

160602さみしい

寂しい今週の秋山さん

唯「まだまだね!」
律「唯、いつまで見栄張ってるんだよ」

唯さんにギターの腕を未熟だと評された梓さん

160602頭

の向こうにいる秋山さん

さ「顧問の山中さわ子です。よろしくね」
梓「よろしくお願いします……」

放課後お茶をしに来たさわ子先生と挨拶を交わす

160602頭

横で切られる秋山さん

梓「澪先輩は上手いのに、
  なんでこのやる気のない部活にいるんだろう……」

軽音部に在籍しているのを不思議がられる秋山さん

160602頭

の頭

160602どよん

以上です

『新入部員!』
けいおん!第9話です


さて、
新しく中野梓さんがメンバー入りということで

160602差異

OPが少し変更になりました

いつでも外せるという余裕の表れか
ぶっちゃけ半分コラージュレベルですけども
ちょくちょく演奏しているシーンで混ざっております

これはもう○リファン的に

090802コラ?

せっちゃんを思い出しますね

フレプリさんとけいおんさん
そういえばどちらも2009年でした
当時はコラが流行ってたのでしょうか


それではまず自己紹介から
梓「1年2組の中野梓と言います。パートはギターを少し」

160602初心者

唯さんと同じギターらしい梓さん

じゃあ入部テストじゃないけど
ちょっと腕前見せて貰おうかな
ああ大丈夫、大丈夫、安心して
あなた新入部員、わたし先輩
1年間ガンガン弾いてきましたからね
例え下手でも先輩がおるさかい任せ……
秋「う、上手い……」
唯「私より断然……」

とき……

160602あれえ

先輩助けて

なんかすごいギターテクを見せられました
君もしかしてプロかっていうレベル、少しってなんだよ

……でもね、梓さんや
残念だけどここはそんなところじゃないんです

梓「こんにちは!」

160602こんにちは

ウキウキ笑顔で登場

入部届を渡した翌日
放課後が待ち遠しかったと梓さん
みんなで完璧なライブをすべく
先輩方からギターのテクニックを教わって
みるみるうちに上達
さ「うるさーい!」

160602顧問

とかそんなんじゃないんです

梓「こんなんじゃダメですー!」
梓「みなさんやる気が感じられないです!」
梓「ティーセットは全部撤去すべきです!」


160602ギャース

暴れられても困ります

仲良くなるために、息抜きのために
1年かけて培ってきたティータイム文化なんです
ここだけは譲れません
だけど話聞いてくれなさそうだし……

ならば日を置いて

160602懐柔

ちょっとずつ懐柔しましょう

ケーキの美味しさを体に刻み込めばいいんです
同じ女の子だから甘いものには弱いはず
猫耳をかぶせればいいんです
かわいいものに弱いはず

律「にゃーって言ってみて、にゃーって」

160602爆誕

梓「に、にゃあ……」

160602やったぜ

唯「あだ名はあずにゃんで決定だね!」

最初にどかんと一発決めたはずなのに
いつの間にかペースを握られ侵食され

160602おいしい

殻を削られていくあずにゃんなのでした


いやいやいやいやいや

160602ぐでー

このままではダメになる

大事な大事な3年間の高校生活
せっかくギターの腕を上達させるべく
新歓ライブで感動した軽音部に入部したのに
こんな、まったり空気に慣れてしまっては
ギターどころじゃなくなってしまう

思い立ったら行動あずにゃん
梓「他にもきっと素敵なバンドが……!」

160602こわい

夜のライブハウスへと足を運びまして

160602なんで

梓「どのバンドもうちの軽音部より上手いのに……」

160602どうして

なんか違う……

新歓ライブで感じたものが
他のバンドからは感じられない
だけどそれが何か分からないまま

160602きまずい

そっと部室へ

律「なんで最近来なかったんだよー
  ここんとこ毎日練習してたんだぞ!」

毎日練習するのが普通だと思うのですが……
ああいや、止めときましょう
今回の議題はそれじゃないので

梓「分からなくなって……
  どうして軽音部に入ろうと思ったのか、
  どうして新歓ライブの演奏にあんなに感動したのか、
  しばらく一緒にいてみればきっと分かると思ってやってきたけど」


160602うえーん

梓「けどやっぱり分からなくって……!」

溢れる涙を止められないまま
溜まっていた思いを吐き出すあずにゃん
分かります分かります私も時々考えます
ブログ書きながら何やってんだろうと(違

するとそれを聞いた律ちゃん
何かを思いつきまして
律「よし、梓のために演奏するか!
  その時の気持ちを思い出せるようにさ!」


160602もう一度

部長カッコイイ

160602えんそう!

流れ出す『わたしの恋はホッチキス』

しかも何の相談もなしにいきなり演奏開始
みんな律ちゃんの考えに呼応してですよ
1人くらいふわふわ時間鳴らしそうですけど、ないです

「私、新歓ライブで初めて聞いたのがこんな曲で~」
「じゃあホッチキスかな」

みたいな会話があったんだろうなと想像させる
お茶会がなければあり得なかったこの展開、いいですね
やっぱりあずにゃんはもう軽音部の一員だったんだと

以前、あずにゃんに
外でバンドを組まないのか聞かれた秋山さん

160602みんな

秋「このメンバーとバンドするのが楽しいんだと思う」

160602秋山さん

秋「きっとみんなもそうで、だからいい演奏になるんだと思う」

160602さあ

秋「一緒にやろう、梓!」

ここで答えてくれました

真面目優等生キャラの秋山さんっぽくて
みんなの演奏に惹かれた唯さんっぽくて
部長の座はほぼ確定の律ちゃんっぽくて
ムギさんはまだ不明ですが
ハイブリッドなあずにゃん

何も出来なかった唯さんだって
恥かしがり屋の秋山さんだって
少しずつ克服して成長してきました

ホワイトボードの目指せ武道館とか
いつの間にか消えてますけど
前回は新入部員獲得でしたし
今回は新曲についてでしたし
目標とか設定してある体で
一歩ずつ、一歩ずつ、進みましょう

唯「燃え尽きた」
律「向こう一週間は演奏したくねー」


160602無理

三歩進んで二歩下がる感じで




新入生歓迎会で演奏して
あずにゃんが入部して
軽音部が5人になって

160602水着

早くも夏休み

10話目にして1年半経過ですか
相変わらず早いです1期

あと、

160602職員室

職員室でのシーン

時計をよく見てみたら

160602時計

秒針動いてたんですね

変なところで細かい京アニさん


次回、第10話
『また合宿!』
お楽しみに!