最近は主に『プ』が入ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロミオはゆいちゃんがやるべきだった、第37話
やあもうビックリしましたね
最後のスタッフロール見てビックリしましたね

ポルン、もも姉、マナさん
と黄薔薇は揃っていて

キュア志摩子、聖レーンたん
先日登場したばかりの先代トゥインクル
白薔薇も全員出演済みで

れいかさんの母、ほのかさんの母
更に妹の亜久里さんまでいるのに
何故か紅薔薇は1人だけ未出演
というか主人公だけいなかったのですが

なんと今回、遂に

151018最後の1人

祐巳(の中の人)が

だから何と言われると困りますが
薔薇の役が揃ったと言うことで
チャンチャン⌒*('A`)*⌒

『はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!』
第37話はよろしくて?


ノーブル学園の行事である演劇会
はるかのクラスではロミジュリをすることになり
しかも演劇部古屋さんの推薦でゆいちゃんが脚本と聞いて
「それいいよ!」とはるかウキウキでしたが

古「ジュリエット役には七瀬さんの指名で
  春野さんにお願いしたいんですが」


151018推薦

ゆいさん!?

無特技の親友を一番目立つところに引っ張り出しました
まさかの裏切りどころか主犯、ゆいちゃん
プリキュアになれない恨みをここで晴らす気かゆいちゃん

151018G

はるかも木Gなら出来ないこともないですけど

すると周りは大道具や衣装を頑張ると張り切り
ロミオ役の平野君も一緒にやろうよと誘ってくれて
ならば自分も求められた職務を全うせねば
全力で頑張ることを誓うはるかなのでした


……が、
は「あっ、あなたはどうしてロ……ロミオなの」

151018ええと

無理なもんは無理

演技とかしらんし
プリンセスレッスンもなんとかこなしてるレベルだし
古「声が小さい!」

151018こらー

古「表情も硬いし気持ちが全然入ってない!
  段取りで芝居しないでくれる!?」


151018ぶち

古屋さんもなんか怖いし

棒読み、気持ちが感じられない、もっと心から
「ああロミオ」の一言にすかさず入る突っ込みの数々
どこぞの蜷川氏かと思わせる舞台演出への情熱です
多分そろそろ履いてる靴を脱いで投げつけられます
投擲物がガラスの灰皿となる前に
木Gへの配置転換を要望した方がいいかもしれません

古「もっとジュリエットを分かってあげて」

151018きれ

古「でないと貴方の言葉は観客に届かない」

151018どよーん

これ辞められない奴や……

マジトーンで、あんな寂しそうに言われたら
期待をかけられてるし、やっぱ辞めるって言えません

でもジュリエットの気持ちなんて分からないしと
ウジウジ悩んでおりましたら
丁度近くを通ったカナタに
真っ直ぐなところが似ていると評され

151018やるぜ

迷いを振り切るはるかなのでした


その後、練習を重ね
本番当日になんやかんやあって

151018折れた

ロミオ役の平野君にアクシデント

カ「彼女とたくさん練習したからセリフは覚えてるんだ」

151018じゃあ僕が

カナタに代役の白羽の矢が

でも部外者が出たら賞を貰えない
しかし劇をやれなきゃ意味がない
平野君も下唇を噛んでお願いしますと頼んでいる

151018どうぞどうぞ

カナタに決まりかけましたら

は「ちょっと待って!」

151018ちゃうやん

ちょっと待ってお兄さん

は「私は、劇が上手くいかなくても
  ちゃんと自分達でやらなきゃいけないような気がする」


151018あかんやん

は「失敗してもいいから、自分達のクラスの舞台を作りたい!」

すると一旦は諦めかけた平野君も
やっぱり僕も出たい、と涙ながらに漏らし

151018だったら僕が

みんなで舞台を成功させることを誓うのでした


いいですね
スマプリさんの運動会話を思い出しました
あの回も、リレーの走者となった黄瀬さんを
足が遅いから勝てねえという陰口に負けず
最後までバトンを繋ぐことが出来ました

そして今回はロミオとジュリエットの為ではなく
劇を作り上げようと努力してきたみんなの為
人は心から救われなければならない
きっとこれがプリキュアなんですね


あとはまあ、劇本番となり

151018ばたー

案の定、平野君が倒れてしまうも

は「足を怪我してまで、なんとおいたわしい!
  ああロミオ、あなたはどうしてロミオなの!」


151018頭のキレ

臨機応変に動くはるか

は「バラを別の名に置き換えてもその香りは同じ
  ロミオ様はロミオ様です!」

何事も無かったかのように続くロミジュリ

151018恐ろしい

はるはる……おそろしい子!

何と言うか、ここまで完璧にこなされるともう
みなみさんから時期生徒会長に推薦される未来しか見えません
なんとわったっしがー、生徒っ会長にー

151018やった

舞台は大成功を収め、めでたしめでたし


なのですが、ラストで
はるかがカナタにお礼を言うシーン

は「ああロミオ、あなたはどうしてロミオなの!」
カ「あなたが望むなら、僕は自分の名を捨てましょう」


151018はるかかなた

なんとなく不穏な香り

バラを別の名に置き換えてもその香りは同じ、と続くはるか
台本どおりに答えたカナタ
ロミオはロミオ
記憶を無くしていたとしても
カナタはカナタ
記憶戻らなさそうな雰囲気を醸し出しつつ
こんな感じです




151018誰だ

新キャラが……

151018お前か

クローズさん何やってんですか?


次回、第31話
『怪しいワナ・・・!ひとりぼっちのプリンセス!』
お楽しみに!




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、春野さんに拍手レスしたいんですが
> 味噌っぽい瞳子歓喜さん
> いやー、EDのテロップ見ていても見落としていました、古屋さんの中が祐巳さまとは。パッツンメガネって最強じゃね?と思いつつ見ていましたので。
私も偶然、そういえば声誰だったんだろ
とチェックしたらまさかの、でした
パッツン……ああ由乃さん(えー
> これは来期、植田さんプリキュア化の前振りかも?という健全な話はここまで(やめてください?!)
そろそろポルンもプリキュアに……
健全期間終わるの早い早い!?
もうちょっと頑張って欲しかった
> 今週は古屋さんのジャージ姿しか印象に残りませんでした。
私ははるはるジャージの股間に
偶然縫い目のラインが来ないかなと見ておりました
> ジャージのズボンをパンツごとズルリと脱がしてprpr(祥子さまが来た!)姉と妹にシバかれて大昇天(やめてください?!) 相変わらずな感じです
ドリルゼツボーグに尻を掘られればいいと思う感じです

> 名無しさん
> >ゆいちゃんが脚本
> あかん、ロミオとロミオにされてまう(無
ゆうき君は後ろのロミオ(ねえよ
> >そろそろ履いてる靴を脱いで投げつけられます
> HRN『ふざけんな!(声だけ迫真)』
お前みたいな三流タレントの世話はもうごめんだ
> >ちょっと待ってお兄さん
> (正月の旅行先は)パリ、グアム、ハワイどれですの?
海藤家のご相伴に預かるのかな?
> >臨機応変に動くはるか
> 前半三味線弾いて後半本気出すスタイル
有能っぷりにようやく慣れてきて
エンジンかかるまで時間かかるんでしょうし
ま、多少はね?
> >なんとなく不穏な香り
> そしてプリキュア史上最悪のバッドエンドに・・・なんてことがなきよう
流石に死ぬことはないのでしょうが
いやでもカナタの存在理由があり続けるのかどうか

貴方のありがとうございましたは観客に届かない
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。