最近は主に『プ』が入ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4話『噂』
この頃はもう学校行くのが楽しみすぎて
家でもウッキウキな爽子さん

爽(今、人生の幸せを全部使い果たしちゃってるのかな……)

例えそうだとしても、嬉しいなと思えるくらい、幸せ


一方で立ち込める暗雲が……
ちづが中学時代に男をボコりまくったり
やのちんが男を100人切りしたり、という噂を
爽子が流してるなんて噂が流れておりました

しかしそんなのは爽子本人の耳に入ることもなく
実際の姿を見ている2人も信じず


091028感涙

しかもテスト用のノートまで用意して貰っちゃうし

更にやのちんには「勉強するからおすすめの怪談教えて」とまで
噂の犯人的にも明らかに完全にシロ、ピュアホワイト
こんなの疑えって方が難しいです
『キュアホワイト』って言ってくれるんじゃないかと期待してました


すると、そんな噂を聞いてきた人が爽子の下へ
詩「あんた、最近凄い噂になってるんだけど」

091028詩乃やん

ええと……?

あらまあ、あなたは確か1話に出てたキュアピー……
詩乃さんじゃありませんか
高校で唯一、爽子とは小中からのお知り合いでしたっけね(説明口調)

噂に関しては爽子が早々に否定し
何か話しやすくなったね、なんて世間話へ突入

詩「でもよかったね、友達できて。矢野さんと吉田さんだっけ」
爽「と、友達じゃないよっ」

ん?

091028……え?

……え?

いや、あれ?
せっかく打ち解けたのに、今何を

……と、ここでネタばらし

爽「そこまではまだおこがましいって言うか……」

091028照れ爽子

爽「だけど、2人のことが大すきだから……」

今まで友達という友達がいなかった爽子
まだ話し出して間もない2人なので、流石にそこまでは
でも、いつかそうなりたい、とは思っているそうで

彼女にとっての友達は、少々ハードルが高いみたいですね
しかしそれを聞いた2人は、思わず爽子に


091028ピン、ピーン!

って、聞いてねえ!?

肝心のところでピンに連れ去られちゃいました
なんか、龍(坊主)に、野球部の練習メニュー渡しとけって
何という間の悪さか


その後、爽子が教室へ戻ると
ち「大事な話だからさ、絶対嘘つかないで答えて」

091028正直に

ち「あたしらは、アンタのことがすきだよ、貞子……」
さっきのことでの真意を確かめるべく質問するちづ
ここだけ抜き取ったら、百合アニメのワンシーンなんですが
そんなんじゃないんです

ち「アンタはどう思ってる? あたしらのこと、すき?」

ここで思い出されるのは、詩乃との会話での
爽「だけど、2人のことが大すきだから……」
ですが、しかし、キッパリと言うべきが
仲の良い2人を、本人を目の前にして大すきだなんて
言いにくいにもほどが、でも、勇気を出して

爽「好きっていうよりも……」
ち「もう、分かった……」
矢「貞子、困らせたね……」
あれえ?

真意が伝わったような、伝わってないような、伝わってない……
完全に誤解しっぱなしです


悪いことは重なって行き
その後、トイレで噂のことを聞いてしまう爽子
ちづとやのちんをバックにつけ、風早までいいようにこき使い……
そんな噂まで流れておりました

女「このまま貞子に付きまとわれたら株落とすよ、絶対」

しかし、一番えぐったのは、そこ
せっかく打ち解けたのに、理想の学園生活だったのに
まさか自分のせいで、みんなの評判が落ちているとは、思いもよらず

爽(私がそばにいるせいで、傷つけてしまうの……?)
思いつめ、思い込み、悩んだ結果

091028爽やかイケメン

風早が手を振ってくれるも、無視


翌朝も、下駄箱でちづとやのちんにバッタリ会うや
「ごめんなさい」

091028ごめんなさい

爽「私が、元気なくさせてたんだね……」
矢「何それ……」

しかし、そこへ他の女子が来て
一緒にいるところを見られる前に、知られる前に
走り去ってしまう爽子


そして、その噂は違うと
ちづとやのちんはバックについてるんじゃない
ただ優しいだけなんです
誤解を解くため学校中を駆け回るのでした……

でも頑張るのはそこじゃない、そこじゃないんだ!?



091028問いただしイケメン

風「俺、黒沼を傷つけるようなこと、嫌われるようなこと何かやった?」

最近様子がおかしいと心配になった風早が爽子の下へ
うーん、ナイスタイミングイケメンですね

しかし、風早に対しわざわざ噂を知らせる人がいる訳がなく
「貞子の近くにいたら評判落とす」なんて言う人もいるはずがなく
きっと相談したら助けてくれるでしょうけど
でも、そうしたら更に評判を落とすかも、なんて思ったら……

爽「もし、この先何があったとしても、嫌うことなんて絶対にないよ」
精一杯、自分の気持ちを伝えるのみ

思ったとおり様子がおかしいと「黒沼」と言いかけるも
するとそこへ男子がやって来て
やはり、一緒にいるところを見られる前に走り去る爽子


私がそばにいると迷惑になる、でも避けたくない……
離れたほうがいい、でもそばにいたい……
どうしたらいいのか、わかんないよ……!


何かもうタイミングがずれまくり
歯車が狂いまくりの4話でございました

次回、第5話『決意』


誤解を解くべく走り回るところから風早登場までの音楽
あのピアノが、心穏やかになれず、いいなと思いました
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。