最近は主に『プ』が入ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ち着けその子はプリキュアじゃない、第11話
は「ディスピア、あの人が……」

150412出現

み「ホープキングダムの人達の夢を
  絶望の扉に閉じ込めた……」


前回のプリプリさん
新しいキーを見つけてワッショイワッショイしてたら
敵の大ボス、ディスピア様が現れてさあ大変

まあ実際は投影された映像だったのですが
いやでも幻影だけなのにこの迫力
モノが違います

ディ「お前達がプリンセスプリキュアか」

150412いやいや

違います

150412ダイ○ン

直後、不思議パワーで吸い込まれて

不思議空間な上にみんなバラバラ
分断作戦にはまりまして
更にそれぞれの色に対応した

150412強そう

強そうなゼツボーグまで登場!

150412ピンチ

どうなるプリンセスプリキュア!

150412いやいやいや

だから違います

ピンク係は、はるかちゃうんかい

ちょっとの好奇心と
気付かない程度の嫉妬心
自分に正直になって付いていっただけですのに
まさかこんな、命を懸ける事態になるだなんて
ダチョウゆいちゃんは聞いてないよ

150412中ボス

ちなみにはるかの相手はクローズでした

『大大大ピンチ!?プリキュアVSクローズ!』
第11話はよろしくて?


さて、不思議空間に分断されたプリプリさん
ク「ここじゃディスダークの力は何倍にも強くなる」
その上、敵側のみが強くなるご都合主義空間だそうで
どうしようどうしようと困っておりましたら

いや待て落ち着けと
前回支給された新アイテムがあるやん
エレガントドレスアップキーがあることを思い出しまして
それじゃまあとりあえずこれで一丁片付けますかと
いつものように、プリンセスパフュームに装着しましたら

150412あかん

あれえー?

なんと使えませんでした
そういえば支給された直後に大ボスが現れて
カナタに話を聞けないまま不思議空間行きでしたか

説明書が無ければ動作もしない
支給後、即使用可能だった昔とは違うのです
バージョンアップしただけでこんな事態になるとは
デバイスの更新は慎重にね


そんな訳で弱っちいプリプリさんは置いといて
カ「ホープキングダムの王家に伝わる秘宝」

150412カナタ

カ「クリスタルプリンセスロッドだ」

アロマとパフ、ゆいちゃんに喋ってるのを聞かれて
誤魔化しきれずに洗いざらい喋りました
己のミスを棚に上げて巻き込んでいく畜生

そこへバッグからカナタ王子の声が聴こえてきたと
その王子によると向こうの世界で新アイテムを手に入れて
新しいキーとロッドを合わせれば新しい力に目覚めるとか
きっと夢の力に反応してロッドが飛んでいく云々

色々説明してくれましたが
いやだからそれプリプリさんに伝えないと……

ああいや、つまりそういうこと
ゆ「伝えに行こう!」

150412立ち上がれ

ゆいちゃんのターン!


プリプリさんがクローズにボコボコにされながらも
夢はまだ始まったばかりと立ち上がったら
ゆ「はるかちゃん達の夢の力をカナタさんに送って!」
は「ゆいちゃん!? なんで!?」


150412参上

颯爽と登場!

流石ゆいちゃん、出来る一般人
しっかりと役割をこなす姿は理想の2番打者
ゼツボーグになって暴れる奴とは違うんです

150412よそ見

はるか、ぽっと出の愛人相手によそ見しないの!

言われたとおり、夢の力を光の柱に変え
上空へ、カナタへと向けて飛ばすも
ク「夢は破れ、絶望に染まる!」

150412失敗

まさかの物理的阻止

巨大なカラスとなり文字通り夢を打ち壊すクローズ
プリプリさんが再度光を飛ばそうとするも
させるかと今度は攻撃に転じ
ボコボコにするクローズ
は「どうしたらいいの?」
そう言えばそうだ、
夢ってのは儚いんだなあ……


倒れ伏すみなみさんと天の川さん
膝から崩れ落ち呆然とするはるかに対して
とどめとばかりに無数の羽を飛ばし

ゆ「はるかちゃーん!」
待って!

150412抱きつき

ゆいちゃんのターンは終わってなかった!

ゆ「ありがとう、私の夢を守ってくれて」

150412嫁レース

ゆ「私の夢も力になれないかな?」

さっきはるか達がプリキュアさんだと妖精が教えてくれました
そしてゆいちゃんの夢を守ったのがはるかだと言うことも

自分の力が及ばなかった時、夢を諦めるのか
でもあの時、
ゆいちゃんが第1話
クローズに閉じ込められた時

150201決心

は「ゆいちゃんの夢はとってもステキなんだから」

力の無かったはるかは
それでもゆいちゃんを助ける為に
絶望へと立ち向かいました

は「私は私の夢を叶える。みんなの夢も守る」
あの時に比べたらこのくらいのピンチ
み「キュアマーメイドとしてディスダークと戦う!」
天「キュアトゥインクルとしては乗っからないとダメだよね♪」

3人でダメだったのなら

150412揃った

4人の夢の力を合わせればいい!

150412修羅場

修羅場っぽい

ここでゆいちゃんが変身してもおかしくはありませんでしたが
悲しいかな、予告に無い4人目展開はありませんでした

はるかとお互いに高めあったみなみさん
はるかとなら輝けると感じた天ノ川さん
対してゆいちゃんは、絵本作家になりたい
はるかと一緒に夢を叶えたい
つまりはるかとはまだ何もしていません
主人公と一緒に頑張らないとプリキュアさんの資格なし、ですか
ドレス作り……いや
前回、宿題の手伝いしてればなあ……


あとはまあ、

150412支給

新アイテムが届きまして

150412エレガント

新ドレスにも着替えまして

150412抜き差し

棒の先に突起物をイン

「「輝け、3つの力!」」

150412必殺

「「プリキュア!トリニティリュミエール!」」

150412ごきげんよう

ごきげんよう、なのでした

あ、一応念の為
雑菌が入ると危険なので
尿道に物を入れるのは止めましょう(念の為?


帰ってくるや否やゆいちゃんに
黙っててごめん、でも巻き込みたくなかったと謝ると
ゆ「はるかちゃんが大変なのに
  何も知らないでいる方が嫌だよ」


150412正妻

荒れる春杯(ハルカップ)を予感させて、めでたしめでたし




さて、次回は天の川さん回
華やかなモデル界でトップを目指す天の川さんですが
どうやらライバル視するキャラが出るようで

150412マネ?

うん?

ううん、ナイスメガネ
バリバリ仕事をこなしそうな姿
DBィさんを彷彿とさせますね
嫌いじゃない
天ノ川さんのマネージャーさんでしょうか?

と、そうだそうだ、ライバルね
天ノ川さんのライバルでした

150412いじわる

ライバル視するのはこっち

ノーブル学園の廊下の角から
下卑た笑みを見せる、1年生のリボンを付けた生徒

150412きらきら

その名は『一条らんこ!』

どうやらアイドルをやっていて
何かと天ノ川さんに張り合うのだそう

150412いい子

でも悪い子ではなさそう

アイドルなのに、きぐるみ猛ダッシュ
仕事に対しては真摯に臨む姿勢が見て取れます

しかしようやくですね
美希さん、まこぴー、天ノ川さん
芸能界で活躍するプリキュアさんの中にいて
ちょっと異色な仕事が回ってくる

150412後輩

うららの後輩、遂にきたか


次回、第12話
『きららとアイドル!あつ~いドーナッツバトル!』
それでは、ごきげんよう




━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、プリキュア!トリニティ拍手レース!
> 味噌っぽい匂いのゆい様のパンツが手伝うって言ってんのに!さん
> ごきげんよう。
ごきげんよう
「パンツが手伝う」とは一体
盗まれたのかはたまた右手で手伝ってくれるのか
> 「ちょっとの好奇心と気付かない程度の嫉妬心、やり場のない愛と性欲」に素直に生きる七瀬さん可愛いですよキャー(*´∇`*)
改変やめてください!?
七瀬さんは前回、はるかがそっと出た時
朝ベッドの中で済ませキャー(*´∇`*)(やめてください!?
> はるかさんがディルド状新アイテムを入手したわけで、今夜は「はる×ゆい」がお楽しみ(やめてください?!)
次回予告で4人が部屋に集まっていたので
ディルド3本4人(ディルドって言うな
> でもなんか今回を見ていると、ゆいちゃんプリキュア部に入れてもらえなさそうですよね。。ここはもう、軽音楽部に「確保ーーーッ!!」
ゆいなのにあずにゃんの立場みたいになったら
しかもゆいが2人になってややこしくて
憂さんが入部する高校編まで飛ばしましょう(ねえよ
> 秋山、オッパイ秋山もいるでよ!!(やめてください?!)という感じです
唯の歌詞ど忘れアシストは素晴らしかったけど
秋山さんは早く大学編行ってくださいな感じです

> 名無しさん
> >ディ「お前達がプリンセスプリキュアか」
> 七『左様、我輩こそが4人目候補筆頭であr』
男塾塾長しか浮かばなかったので
ゆいちゃんプリキュアよりも強い説浮上
> >ちなみにはるかの相手はクローズでした
> 取ってつけたような説明やめーや
大事なのはゆいちゃんでしたが、一応
しかしピンクの巨人どこ行った
> >説明書が無ければ動作もしない
> 玄人志向かな?
ジャンク品かも(ねえよ
> >理想の2番打者
> 井端はいいバッター・・・(小声)
川相さん、帰りますよ
> >ぽっと出の愛人相手
> ところではるはるの正妻ってだれなんでしょう?
今のところみなみさん半歩リードじゃないでしょうか
どちらにしろプリキュアメンバーから見れば
ゆいちゃんはただの友達ですし
> >棒の先に突起物をイン
> カテーテル入れられたときのあの謎の感触・・・
入れられたことないので恐怖しか感じません
> >ちょっと異色な仕事が回ってくる
> イモト路線で行くのも悪くない
あそこまで行くともうアイドル活動した方が……

キュアマーメイドとしてありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。